PC

Logicool Craft KX1000s

パンタグラフキーボード Logicool Craft (KX1000s)を買いました。
これまで値段から敬遠していましたが、先月末にAmazonで10%OFFクーポン配布、Logi coolキャッシュバックキャンペーン開催していたことから、購入を決めました。
実質15,626yenほどでした。

変わった点と言えば、充電端子がUSB Type-Cとなっています。

詳細ではUSB充電ケーブルとなっており、届くまで気づきませんでした。
microUSBで充電となっているMX Master(マウス)、キーボードは今後、Type-Cになっていくのでしょうか。

これまで打ち込んでみての体感から、メリットとデメリットを考えてみたいと思います。
メリット
・パンタグラフキーボード
・切替で最大3台のPCで使用可
・コントロールホイールの操作は、マウス代わり
・2年保証

デメリット
・高さ調整できない
・フルキーボードと配置が少し異なる。(切替キー)
・値段が高い。
・ゲームには向かない。

これまで使っていたBFKB113PBKと比べると、ゲーム用途には向いておらず、文字入力、編集に向いているという感想を抱きました。

値段が実質16kと非常に高価なため、下位モデルと見られるK780との中間に新モデル出して欲しいと要望出してみたいですね。
数ヶ月は試してみないと分からない点はあるので、購入に際しての参考となれば、幸いです。

Logicool K780 Multi-Device Wireless KeyboardとUnifying Receiver

Logicool K780 Multi-Device Wireless Keyboardを利用しており、これまでBluetoothで接続していました。
複数台のPCに繋げられるキーボードでありながらも、Bluetoothの切替で長いラグが生じていたことから、ラグの少ないUnifying(2.4Ghz)レシーバーによる接続に切り替えることにしました。

ところが、接続出来ずにいたため、ヘルプとガイドを確認しながら、チェックしていたら、ある記載を見つけました。
(接続出来なかったのは、バッテリー残量の低下によるものでした。その後、接続出来ました。)


※英語版にもその記載があります。
NOTE: The K780 keyboard isn’t compatible with a Logitech Unifying receiver, which uses Logitech Unifying wireless technology.

文章の意味を何度も確認してしまいましたが、実際にはLogicool(Logitech)の仕様でも対応していることが書かれています。

サイトでダウンロードできる取扱説明書でも同様の記載がありました。

更に探していくとLogitech(Logicool)のコミュニティでも同様の質問している方がおり、それは対応しています!(Yes, You can!)とのことでした。

実際に別のPCに利用していたMX Anywhere 2に付属されていたUnifyingレシーバーを介しての接続を試みたところ、接続出来ましたので合っているようです。
※例えば、PC①はBluetooth接続、PC②にはUnifying接続ということも可能です。

結局、Unifyingの互換性がないという意図は分かりませんでしたが、K780は複数のPCに切り替えながら接続が出来るキーボードです。
複数のキーボードを置く場所がなくて、困るという方にお勧め出来るキーボードです。

Logicool製で複数台の切替が出来て、Unifying対応しているものをこちらに列記します。

今、使っているPCとモニターについて。(2017/07)

用途
encode、twitter、chatを主にした常用

 

現在のPC

  • CPU: Xeon E3-1240L v5
  • MB: X170-Extreme ECC
  • Mem: DDR4-2133 16×4 (Micron)
  • Drive: SM950 Pro 512GB
  • VGA: Radeon RX 480 8GB

 

実はMBは国内販売されていないもので独amazonから輸入しています。(在庫があって安かったので)

モニターは下記をデュアルモニター構成として利用しています。

これらは全て4k(UHD)として表示されることから、デュアルにすると多い情報量、高い利便性が得られます。

しかし、ビデオカードがRX480 1枚なので、性能が求められるappli、gameはすること出来ない欠点をもっています。

この点を注意すれば、RX480でもデュアル出力して普通に使用出来ます。

 

Ryzen Threadripperがまもなく、出るので何となく、書いてみました。

UHD Laptop (ノートパソコン)

現在は、UHD(4K)モニター複数枚を用いて作業しています。

その傍ら、ノートはこれを利用しています。

Satellite P25W-C2300-4K

購入時期: 2016.03
購入金額: $660+転送代$45+消費税¥6000

買った当時は新品(リファビッシュだったかも?)で、トータルで8万弱。

国内では売られてない東芝製で当然のように英語キーボードです。

メモリは交換不可で8GB、SSDはSamsung MZNLN256HCHP-00000 (M.2)

現在のUHD(4K)ノートを国内で買う場合、Haswell+HDDで最安12万弱(2017/07現在)です。
しかし、海外で買うことは保証がなくなることや英語でのサポート対応が必要なので、それを注意する必要があるでしょう。

 

※現在、ebayでManufacturer refurbishedとしてトータルで¥80000以内で売ってますね。(07.08)